世界一周旅行の持ち物まとめ: 持っていってよかったもの、要らなかったもの

2月14日~3月2日、3週間弱の世界一周旅行から、無事に帰ってまいりました-。

主にTwitterなどで見守ってくださったみなさま、ありがとうございました☆
写真整理しつつ、旅行記書くぜよ-!

・・・という気持ちはあるのよorz
ええ、凹んでないでタイピングする手を動かせデスネわかりまs

今後、がしがし世界一周コンテンツ方面を強化していきますので、今しばらくお待ちください!

===

というわけで、今回のお題は『世界一周旅行に持って行ったものまとめ』です。

実際に世界一周旅行に持って行ったもののうち、役に立ったもの、現地調達したもの、役に立たなかったもの、持って行きたかったもの で分類して書いてみました。

★持って行って役に立ったもの

全世界対応のコンセントアダプタ
いろいろな都市をまわるので、毎回対応アダプタを買うのは面倒だし、意外と荷物も費用もかさむ。
2000~3000円くらいで買える全世界対応のがオススメです。

・三つ叉タップ 
100均で買ったもの。 全世界対応のコンセントアダプタと組み合わせることで最強にみえる

・iPhone
ウチの子は、SIMフリーなんて高尚なものではなくごくごく普通のソフバンの子ですはい。
でも・・・

・ポケットWi-Fi(白ROM)
普通のソフバンiPhoneと組み合わせることで最強にm(ry
中古のを1500円くらいでヤフオクで譲ってもらいました。
ポケットWi-Fiって、日本だとイーモバイルのロックがかかってるんですが、海外だとSIMフリーの扱いなんですよね。
これで、マレーシアクアラルンプールで、700円せずに5日間ネットし放題できましたひゃっほい!

デジタルカメラ
旅の思い出大切になります。
私はパナソニック派なのでルミックスLX5がお供。(いいレンズ積んだカメラなんですが、レンズキャップ式なので万人にはオススメできぬ
ちなみに、ケータイ・財布とならんで、すられやすいものTOP3なので、海外で持ち歩くとき注意!超注意!
旅の終盤にやられると、「いっそのことカメラ本体はやるからSIMカード(旅の思い出)返せ-!!!」ってコトになりかねません(´・ω・`)

・ノートパソコン
お供はレッツノートR6。あいらぶぱなそにっく。
・・・っていうのもありますが、魅力は1kgを切る軽さと頑強さ。

◎印刷物いろいろ
私の場合は、
・飛行機と列車のeチケット控え/搭乗券 
・ホテルのバウチャー
・ホテルまでの地図
を印刷して持って行きました。
特に、飛行機に乗る際のチェックイン時に、単純往復ではないので「次の国を出国するためのチケット持ってる?」と確認されることが多いです。
また、イギリスやアメリカなど、入国審査が厳しめな国に入るときにも、出国用のチケットの提示を求められます。ないと多分いろいろめんどいと思われる。

◎パスポート
これがないと話にならぬ。

・ESTA
アメリカに入国するなら必須。要事前申請(72時間前まで)

・お金
USドルは日本で換えていったほうがいいみたいです。世界各国で両替できるので、USドルは多めに持っていってもOK。
それ以外はクレジットカードのキャッシングでいいかもしれない。

・服
一言に服と言ってもいろいろありますが、暑いところにも寒いところにもいくので、薄めのものをたくさん重ねて調整できるようにしておくとよさげです。
軽くて暖かいコートも1枚。私はちょっと薄めのフェイクムートンハーフコートでしたが、中にいっぱい着て十分しのげました。
機内ってかなり寒くなるのに、ブランケットの貸し出しがないLCCを多く使っていたため、コート着て寝てました。

・ヒートテック
とにかく一番お世話になった服。薄くて暖かくって最強! 1枚は絶対持っておきたいです。
NYとかパリとかに行く場合には、普通にユニクロで売っているので現地調達も可能です。値段もそんなに変わらなかった。

◎丈夫で軽いバッグ
今回の旅で使ったのがこのバッグ

エアアジアの重量制限が7kgなので、なるべく軽くて、でも持ち運びしやすいものを・・・。と探し回って見つけたのがこれでした。
リュックサックと、2輪のキャリーバッグになる優れもの。持ち手も付いているので、ちょっとした距離なら手提げで持ち運ぶのもOK。
軽くて(1.85kg)、価格も4000円くらいとお手頃だったので決めました。
実際に使ってみると、布もペラペラしておらず結構丈夫そうだし、バッグの口は大きく開くし、背負っても転がしても持って移動してもOK、さらに預け荷物にしても破損なく丈夫と、とてもいい品でした。
キャリーの手持ちのプラスチックの削り出しが少々荒っぽくて、手を切らないか心配になったけれど、ちょっと気をつければ問題ナシでした。我ながらコイツはいい買い物をしたと思ってます。

・常備薬
私は胃薬と葛根湯。バンドエイドを現地調達したけどあまり使わなかったなぁ。

◎クレジットカード
万一現金を忘れても、これは忘れられない。海外では信用があると証明するカードにもなります。
2枚以上あると安心です。そのうち、1枚は決済用にVISAかマスターを。
私はJCBプラザラウンジをよく使う&ANASFCカードがJCBなので、1枚は必ずJCBになります。
今回はANASFCJCB+楽天プレミアムカードVISA+スルガVISAデビットカードの計3枚を持っていきました。(1枚は予備で鞄の底に)」

 

★現地調達したもの

・現地のデータ通信用SIMカード
電話用とデータ通信用がありますのでご注意を!
私は最初コレを間違えて、お店のおじちゃんにご迷惑おかけしました・・・orz

・サンダル
クアラルンプールにて、10RM(300円弱)にて購入。
ホテルにスリッパがないことが多く、旅の間中役立ちました。

・現地通貨用の財布
日本円と現地通貨を一緒に扱うとややこしいので欲しくなります。
私は現地調達しましたが、もちろん日本から持っていってもOK。 万一すられても後悔しないものを。

 

★持って行って役に立たなかったもの/あんまり要らないと思うもの

・4カ国語の旅行会話本
英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語の本。
このうちマレーシア(英語公用語)・イギリス・フランス・アメリカに行きましたが、ホテルでもチケットカウンターでも、海外の観光客さんがいそうな所ではたいてい英語が通じるのでほとんど使いませんでした。
英語が通じない方にも、身振り手振りで結構何とかなりました。本とか出すタイミングなかったです。
てか、EU圏の人マジ英語できるでぇ(´・ω・`)
フランスの人もドイツの人もポーランドの人も、会う人会う人みんな流ちょうに話される。旅してて、自分の語学力のNASAにしょんぼりしたのはちょっとマジな話。

・変圧器
うちの家電製品は、みんな海外対応使用だったので持って行きませんでした。
海外旅行で持って行くようなものは、たいてい電圧対応しているはずなので、100Vでしか使えないものは思い切って置いていっちゃうのが吉。

・傘
その土地によるかとは思いますが、基本的にいらんかったです。短時間で晴れるところが多かった。機内に持ち込むには邪魔だし、預けても壊れそうで怖いし、どうしても必要なら現地調達が吉かと。
あ、でも私、NYでお土産にMoMAの傘買いました。長雨だったので結構役に立ちました。

 

★持って行けばよかったなと思ったもの

・爪切り
や、3週間弱でも、爪って結構伸びるんですね・・・。最後の方は伸びたのが欠けてきちゃってたいへんでした。
ある程度のグレードのホテルにお泊まりの方は貸してくれると思うし、現地調達でも無問題でしょうが、ちょっと今回の旅では借りるタイミングも買うタイミングも逃しちゃってやっちまったなーと。
爪切りは機内持ち込み制限あるとこ多いので、荷物を預けられる&長旅するひとは持って行くといいです。

日焼け止め
現地(クアラルンプール)で買えばいいや、物価も安いし大丈夫でしょうはっはー!と思って持たずに出たら、結構高かったです日焼け止め・・・。
安くても400~500円とかしたかなあ。普通に日本で買うのと同じくらい。直接肌につけるものだし、家で普段使っているのがあれば持って行ったほうがいいと思いました。
ただ、コレも液体扱いなので、100ml以下に小分けして持って行くか、預けられる人限定。

・USドル
JFKの有人窓口で換えた私は勉強代と思わないとやってられないほどレートが悪くて泣きました。レート表示のない有人窓口はもう使いません絶対にだ
また、ニューヨークのATMでクレカキャッシングするたびに手数料3ドルとか取られて参りました。天下のHSBCさんでさえ手数料ぶんどっていかれるので注意です・・・。

・緑茶のティーバッグ
緑茶売ってる!と思って飲んだら砂糖入りだったり
緑茶のティーバッグがある!と思ったら変な香料付いてたり
そんなことばっかりです(´・ω・`)
紅茶も美味しいのですが若干飽きたので、緑茶とか烏龍茶とかほうじ茶とかのティーバッグが何個かあっていいと思います。かさばらないし軽いしね。

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in 世界一周. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>