台湾新幹線の切符の買い方

8月の台湾旅行の際、初めて台湾新幹線に乗ってきました。
ぶっちゃけ、台北 – 高雄を往復するなら3日間有効の高鉄パスを買ったほうが安いんじゃね?と気づいたのは帰国してから。
(台湾新幹線に乗り放題の高鉄パス3日間は2400台湾ドル+日本国内送料。普通に自由席を当日購入すると1445台湾ドル)

 ・・・もういいのです!後の祭りなのです!

 そんなこんなで、往復ともに自動券売機で当日購入してきましたので、ざっくりとご紹介。

現状言語選択ありません。こういうときなんとなくわかる漢字ビバ!

ぶっちゃけ、つまづく最初にして最大のポイントはこの選択ではないでしょうか。

一番上の自由座=自由席 真ん中のが指定席 の選択。
一番下のは、おそらく予約券の引取りかなにかと思われます。 触らない。

この後、指定席を選択した場合は、乗車日や座席の指定を行いますが、JRの自動券売機で新幹線の切符を買ったことがあるなら困らないと思う。

クレジットカードを利用して支払いの場合、写真の中の、青い画面の指示に沿って手続きします。
表記は中国語ですが、まあなんとなくわかるはずだ。フィーリングだ。
JCB使えます。

もしどうしてもクレジットカードでの支払いがわからなければ、現金での支払いでよいかと。

買ってみました新幹線チケット。
台北→左営(高雄) 自由席 1445台湾ドル
自由席は10~12号車だよ。好きなところに乗りなよ 

単程票=片道切符
信用卡=クレジットカード の意

改札を通るときは裏面にして、矢印の方向に通します。
最初これわからなくて改札前ではまったー・・・。 

帰りは指定席取ってみました。 

左営(高雄)→台北 普通指定席(1号車の座席8E) 1490台湾ドル。
指定料金45台湾ドルとはお手ごろ価格です。

自由席の席取り合戦・・・ってのは行きの車中で起こりませんでしたが、これくらいの金額なら取っちゃってもいいかもですねー。

以上、台湾新幹線の当日チケット購入方法でした。
台湾旅行で、ふとほかの都市に行きたくなったらお試しください。

台湾新幹線最長路線の 左営(高雄) – 台北を往復しても、今のレートじゃせいぜい8000円くらいですから。 

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in 海外の鉄道のはなし. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>