【5円チケットで】LCCらしさ全開のエアアジアジャパンJW8665(成田→沖縄)搭乗記【沖縄へ】

久しぶりにお世話になります、エアアジアです。

以前LCCを乗り継いで世界一周した際にはエアアジアX(D7)を利用しましたが、今回は初エアアジアジャパン(JW)搭乗です!

実はこのチケット、エアアジアジャパンの就航記念5円セールでゲットしたもの。
片道5円×2のほかに、座席指定と支払い手数料を支払って計910円。

それでも激安じゃねぇかとほくそ笑んでいた湯子へ、早速自らのボケが招いたLCCの洗礼が降りかかる!
果たして私は無事沖縄へたどり着けるのか?

そんな初々しいエアアジアジャパン搭乗記をご覧ください。

===

スタートは、成田空港2タミ1Fエアアジアジャパンの自動チェックイン機前から。

ここで早速問題発生ですよ。というか、この初っ端の問題が一番デカかった・・・。

実は私、WEBチェックインした後その搭乗券を印刷せずに空港に来てしまったんです。
紙一枚の印刷くらい、空港でもできるだろうと思ったのが甘かった。

係の人いわく
『WEBチェックインをした後は、その搭乗券はご自身で印刷していただく必要があります。WEBチェックイン後の搭乗券再印刷はカウンターでの対応となり、再印刷料1000円となります』

せっ・・・せんえん!?

紙っぺら一枚印刷するのに1000円取るんですか!!?

っていうか、なんでセルフチェックインで再印刷が出来ないのか謎すぎるぞその仕様!本家のエアアジアでもそうでしたっけ・・・?

私無印エアアジアには乗ったことがないからわからない・・・。

そんなわずかな傷心を抱えつつ、1000円を支払って搭乗券を印刷してもらいました。
カウンター対応そのものに手数料を支払っているのだと分かってはいても、手に入れたものはレシートみたいに印刷された紙っぺら2枚ですから・・・。やっぱりその、ちょっとしょんぼりしますよね。 元が安いんで文句は言わないけれど。

さらに、傷心に追い討ちをかけるこの仕様。
下手にWEBチェックインとかせずに空港に直行していれば、セルフチェックイン機で搭乗券発券できたわけですね?
WEBチェックインは無駄どころか有害だったわけですね?ぐすん・・・。

はーい、不幸はこれだけでは済みませーん。
機材遅れのディレイ。現状20分遅れなう。

右手が手荷物預かり所、左手が検査場入り口。
ディレイしている分、手荷物検査場も20分遅れで開きました。搭乗券を持っている場合、出発の45分前~20分前までに手荷物検査場を通る必要があるそうです。

これまた間抜けを晒しまして、筆箱にはさみを入れっぱなしにし没収されつつも手荷物検査後。

待合室(仮)に入りきれず、廊下(仮)で待つ人々。

えっと・・・なかなか、想像を超えてプレハブな感じですね!

もちろんエアコンなんてありません。お手洗いもありません。
でも熱中症対策でしょうか、飲料自販機はあります。

でもここで買っても、エアアジアの機内には持ち込めないんじゃ・・・?

ようやく搭乗へと移ります。

搭乗ゲート、もとい搭乗テントの様相。

もしや歩いて移動か!?とwktkしたものの、今回はさすがにバス利用でした。

飛行機までのシャトルバス、出発です

目の前にキャセイの緑色を見つつスルー

遠くに赤いペイントの機体が見えてきます。

このタイミングで、近くのお客さんから『ちっちぇえ!』との声が。

確かに、A320を周りの機体と比べると小さく見えるw

エアアジアジャパン機体のそばに停車するも、搭乗案内スタートまで、車内で10分弱待機。

階段で搭乗です。

やっとこさ機内。

あれ・・・赤く・・・ない・・・だと・・・!?
(私の中でエアアジア=シートまで赤いイメージ)

機内から。
JALお膝元の2タミでけなげにがんばるANA車両の図

エアアジアといえばエアバス320-200。ほとんどこの機体で統一してるんですっけ?
180席ぴっちり詰め込み詰め込み!

ただ、機体自体は汚れ少なく新しそうで安心できます。

メニューと日本路線就航の小冊子。
今回はご飯はいただきませんでした。眠い。

シートピッチはこんなもの。(ちなみに私の身長は約155cm)

お隣の女性も足を組んでいらしたので、足元周りは女性には問題ないでしょう。ちいさいことはいいことだね!

ただ、ある程度身長のある方はキツイだろうなあという気はしている。あと、通路側を取らない限りはお手洗いに間違いなく立てない。

これで離陸準備+飛行時間で3時間、耐えられるかどうかは貴方の体格と精神力にかかっております。

===

以上、はじめてのおつかいエアアジアジャパン搭乗記でした。

私、基本的にオプションに金はかけないタイプなんですけれど、沖縄については真剣に座席指定を検討したいですね。
お手洗いを我慢したくない方、少しでも足を伸ばす余地がほしい方は、やっぱり通路側を取ったほうが気が楽だと思います。

あと、お手洗いについては、搭乗直後(席に着く前)に借りておくのも対策になるかと。

===

もうひとつきになったのが、なぜか飲み物の持ち込みは容認されてるっぽい?ということ。

エアアジアXでは飲食物一切アウトで、持込を見つかった日本の学生さんがCAさんに怒られてました。そしてその後またこっそり飲み食いしてめっちゃ怒られてました。あきらめようよ。

そんな感じでしたので、JWのこのゆるさにはちょっと驚きです。まあ、待合室(仮)で飲料を売っている以上、それを機内で飲むなとは言いづらいのかな・・・。

沖縄から成田への帰り道も、もちろんエアアジアジャパン。
帰りの便では、どんなトラブル・・・もとい洗礼が待ち構えているのでしょうか?

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in LCCニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>