LCC国際線の台頭で、海外発が便利&お得になる予感(もちろんSFC修行も)

KIXがホームの方は、ピーチをはじめとしたLCC利用で既にやってらっしゃるんでしょうね・・・!くっ、いつだってあいつらはNRTの一年先を生きてやがる!

というわけで、東京にお住まいの皆様はあと半年くらい待ちましょう。きっと、エアアジアジャパンやジェットスタージャパンがバンバン国際線を飛ばしてくれるはずだ。あ、その前にスクートのNRT-TPE-SINが来ますね。お値段どんなもんやろか・・・。

まあ、そこら辺の細かい話は置いておきましても、日本発の航空券というモノは得てして高いわけです。

よって、日本を安く脱出し、台湾や韓国発の国際航空券で修行すれば、かなり航空券代金を抑えることができます。

たとえば、我らがNHさんの長距離路線で比較してみましょう。

2012年8月22日現在、

往路:TYO-NYC 2012年11月3日(土)
復路:NYC-TYO 2012年11月6日(火)

のお値段は137,250円でした。(燃油・税込、往復スーパーエコ割3タイプ3利用:マイル積算率70%)

ですが、同じ条件でTPE-NYC往復を見てみると、 TWD36,044。日本円に換算すると、約95600円です。(燃油・税込、往復バーゲンエコバリュー・フェア:マイル積算率50%)

なので、単純に移動のことのみ考えれば

137250円 - 95600円 = 41650円 以内でTYO – TPE間を往復できれば、日本発の単純往復より安く済むことになります。

TYO – TPEを4万円以内で往復することは、既存のFSCでも十分可能ですが、これでLCCが利用できるとなればさらに下がりますよ!

たとえば、ピーチで往路11月2日(金) 復路11月7日(水)の TYO – TPE往復なら、全込みで18000円~ですからね。いやぁ、安い安い。

一旦台湾に飛び、小籠包や夜市で舌鼓を打ってからのNY行きなら、東京からの直行便に比べ2万円安くなります、と聞かされましたら私、もちろん台湾経由で行きますよ。時には韓国で焼き肉してもいいし、欧州方面へ飛ぶなら、東南アジアで一息入れてもいいかもしれません。

安く国外脱出できるルートが増えれば増えるほど、海外発券の利便性も高まってきます。このブログでも、今後LCC+FSC海外発券の可能性を探っていきたいところ。

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in ANAニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>