スーパーフライヤーズカード(SFC)修行を始めるべき時期はいつ?

SFC修行をいつ頃行うべきかについては、燃油サーチャージや運賃の変動、その年の気候や祝休日の変動もあって、一言に『この時期がオススメです!』と言い切ることが出来ません。

でも、修行をはじめる時期を決めるのに、どんな点を考慮したらいいか、については、いくつかのポイントがあります。

今回は、SFC修行を始めるタイミングの検討事項についてまとめてみました。

1.基本的には『善は急げ』

SFC修行を思い立ったなら、基本的には早めに修行をしてしまったほうが良いです。

詳細は先の記事でまとめたのでご覧いただきたいのですが、簡単に言うと『長期的に見ると 早く行ってしまったほうがSFC修行の条件が良いから』。

最近の例で言えば、2012年10月より、今まで7000円だったプレミアムクラスへの当日アップグレードが8000円に値上げされます。
また、今までマイル積算率70%だった期間限定運賃も、マイル積算率50%へ引き下げられることが多くなりました。

このように、徐々にSFC修行の条件は厳しくなってきています。数年スパンで見ると、やはり昔のほうが修行しやすかったと感じられることが多くありますね。

※『修行のしやすさ』とは、SFC修行でかかる費用だけを指していません。旅程の自由度や、変更・払戻の条件なども含めます。

ただし、短期的に(数ヶ月スパンで)考えると、検討すべき点ももちろんあります。

2.天候

飛行機は文字通り空を飛ぶものですから、天候とは無縁ではいられません。大雪や台風の影響で、遅延ないし欠航もありえます。

たとえば6レグで組んでいた旅程の1レグ目で飛行機が欠航になってしまったら、その後の旅程に大きく響いて、下手をすれば修行を諦めたり会社を休んだりする必要が出てくるかもしれません。

そうならないように、天候が荒れそうな時期の修行は避けたほうが安全だと考えられます。

具体的には、夏の沖縄冬の北海道です。 台風と大雪ですね。

また、海外で言うと、夏の台湾は沖縄と同じくらい台風が通過するそうなので、台湾を含む旅程はちょっと危ないかもしれません。

3.季節

日本の場合は、年末年始やゴールデンウィーク、また学生さんの長期休暇時期に、運賃が高くなる傾向があります。
また、平日と休日で運賃が分かれている場合もあります。

日本の冬は、旅行業的にはオフシーズン。特に1月後半~2月頃の、年末年始と春休みに挟まれた期間は運賃が安くなり、また期間限定の特別運賃もよく売り出されています。 
この時期に合わせて一気に修行ができるなら、比較的お手頃に5万PPまで手が届くかもしれませんね。

4.燃油サーチャージ

・・・とはいうものの『それじゃあオフシーズンに修行をすれば必ず効率的なのか』というと、そうも言い切れません。その理由のひとつがコレ、燃油サーチャージです。

燃油サーチャージは、シンガポールケロシンという指標の変動に応じて、2ヶ月毎に改定されます。
要するに、燃料が安ければ燃油サーチャージは安くなり、反対に燃料が高くなれば燃油サーチャージは上がるということですね。

燃油サーチャージは、運賃の他に必ず必要になる料金なので、いくら運賃が安くても、燃油サーチャージが高い時期であればお得感は薄くなります。

修行のタイミングとしては、燃油代が下がり、さらに運賃も安ければベストです。

いつぞやの冬には、ANAの欧州往復がサーチャージ込み8万円台で出ていたことがありました。
今では考えられないお値段ですが、運賃と燃油サーチャージが揃って値下がれば、こういう事もあり得るんです。 

5.期間限定運賃

さらに検討したいのが、期間限定運賃。ANAの場合は『エコ割○○スペシャル』と名前が付いていることが多いです。

ただし、早合点してはいけません。『エコ割○○スペシャル』と付いているからといって、通常販売している運賃よりお得とは限らないんです!

確かに、単純に額面を見ると『エコ割○○スペシャル』のほうがお安いことは間違いありません。

でも、SFC修行で大切なのはプレミアムポイント(PP)です。プレミアムポイントの基本値はマイルの積算量と同じ、つまり、マイルの積算率の良い運賃のほうが、プレミアムポイントを稼ぐためには有利になる事も多いんです。

実際、2012年春の『エコ割早春スペシャル』運賃(日本 – シンガポール運賃)の場合、早春スペシャルのほうが1000円安かったものの、マイルの積算率は50%
対して、1000円高いスーパーエコ割3の場合、マイル積算率は70%でした。

この場合、1000円の差ならば、早春スペシャルよりスパエコ3のほうが、PP単価(1PPを稼ぐために必要な費用)が安く抑えられ、とにかくPPを沢山稼ぎたいSFC修行者にとっては得することになります。

私の個人的な感覚では、閑散期(『3.季節』で挙げた冬の時期など)の期間限定運賃は、本当にお得な事が多いです。
対して、ある程度需要が見込める時期が搭乗期間になっている期間限定運賃については、先の早春スペシャルのように、SFC修行者にとっては罠でしたー!みたいなこともしばしば。 

目先のお値段にだまされてむやみにPPを取りこぼさないように、PP単価を計算してから運賃を選びましょうね。

6.プラチナ事前サービス

ANAでは、4月以降・かつ5万PPを貯めた時から、その年度末(3月31日)まで、プラチナの事前サービスを受けることができます。

プラチナ事前サービスでは、『ANAアップグレードポイント、ANA AZURE(会員誌)の送付』はないものの、それ以外はプラチナと同等のサービスを受けることができます。
(プラチナ事前サービス+プラチナ本サービスで、最大2年近くプラチナサービスを受けることができます)

・プラチナ判定期間: 1月1日~12月31日まで
・プラチナ事前サービスの提供: 4月中旬~翌年3月31日まで
・プラチナ本サービスの提供: 事前サービスの次年度4月1日~3月31日まで 

つまり、その年の1~3月の間に、一気に5万PPまで達成すると、 4月中旬のプラチナ事前サービスと、次の年のプラチナ本サービスの恩恵を、ほぼ丸々2年間受けることができるのです。

冬の航空運賃は比較的お手ごろということもあり、もしこの時期に一気に5万PPまで修行できる余裕があれば、オススメのタイミングといえます。

===

以上、SFC修行を始めるタイミングについての検討事項でした。

やー、改めてまとめてみて思いましたが、考えるべきこと多すぎですね・・・。

書いておいてなんですが、個人的には、↑みたいな事をぐるぐる考え始めると いつまでたっても修行を始められなくなるので、思い立ったが吉日を採用するのがオススメです。

なにはなくとも、SFC修行のファーストステップは、ANAカードを作ることからですよ。

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in ANAニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>