【雑学】なぜANAの航空会社コードは“NH”なのか?

日本の2大エアラインと言えば、ご存じANAとJAL。

JALの2レターコード(航空会社コード)は、JLと、とてもわかりやすいものです。
が、なぜかANAの2レターコードはANでもAAでもNAでもなく、NHです。(※ちなみにAAはアメリカン航空)

2レターコードは各航空会社に固有のものなので、すでに使われている2レターコードとおなじコードをあとで別の航空会社が取得することもできません。

最近は、ローマ字の組み合わせがなくなってD7(エアアジアX)とか、7G(スターフライヤー)とか、数字を取り混ぜた2レターコードも見かけるようになりましたね。

じゃあ、この”NH”も、「すでにANAが付けたいコードがなくて、やむなく取得したものなのか?」
というと、そういうわけじゃないんです。

この2レターコードは、ANAの前身である『日本ヘリコプター輸送』が由来。

1950年代から使っている2レターコードをANAになってからもずっと使い続けているから、”ニッポン(N)ヘリコプター(H)”なんですね。

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in ANAニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>