スターアライアンスの社長会にて、満場一致でエバー航空の加盟を決議

昨晩は海外メディアが報じるだけだったエバー航空のスターアライアンス加盟について、正式にスターアライアンスから発表がありました。
社長会でエバー航空の加盟が決議されたとのことで、2013年の正式加盟に向けて手続きが進められます。

エバー航空のスターアライアンス加盟手続きにおいては、現在スターアライアンス正式メンバーのエアチャイナが後押しをするとのこと。
また、エバー航空がスターアライアンスに加盟すれば、新たに台湾の高雄とインドネシアのスラバヤがスター アライアンスのネットワークに加わることになるそうです。

「特に航空需要が急増する東アジアにおいて、エバー航空は我々のグローバルなネットワークを拡大するために、もっとも適合した航空会社であります。今後、世界を代表するグローバルアライアンスとして、国際線を利用するお客様の選択肢を増やすことが出来ます。」 – スターアライアンスCEOマーク・シュワブ

「慎重に検討を行った結果、エバー航空にとってスターアライアンスに加盟することが最適であると判断しました。お互いにネットワークの補完が可能であり、既存の加盟会社エアチャイナと、中国・台湾間のフライトを拡大します。そして両者のシナジーにより、お客様へのサービスの拡充・強化を目指します。エアチャイナとのこのパートナーシップは、スター アライアンスをより一層魅力的なものにすると考えています。」 – エバー航空会長 ジェームズ・ジェン

エバー航空、スターアライアンスへの加盟を決定
EVA AIR ACCEPTED AS FUTURE STAR ALLIANCE MEMBER – Star Alliance

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in ANAニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>