ANA1マイルの価値はおいくら?(あるいは、当サイトで1マイル=2円換算している理由)

マイルの価値は、ポイントの活用方法によって様々

マイルの価値は、交換するものによって、その価値が大きく変わってくるのが特徴です。
実はトップクラスに交換レートがいいのが、遠距離ファーストクラスの特典航空券。

たとえば、東京ニューヨーク間をファーストクラスで往復しようとすると、ひとりあたり12万マイル必要です。
ところが、普通運賃のファーストクラスチケットをお金で買うとすると、2,008,100円!!!(2011/12/20現在、2012年2月の旅程)
なんと往復するだけで200万円を超えてしまうんです。

この価値をマイルに換算すると、 なんと1マイル=約17円 ということになります。クレジットカードではおよそ追随できない、圧倒的な交換レートです!

・・・とはいえ、これは庶民にとってはちょっと極端すぎる例。
無期限マイルなら達成も可能でしょうが、ANAのマイルは有効期限3年です。1年4万マイルのペースで貯めるとなると・・・。よほど飛行機好きか、お仕事で飛び回るかでなければ、達成は厳しそう。

それじゃあ、もう少し現実的なレートはどれくらいなんでしょう?

今回は、東京住まいの人が福岡の実家に帰省する場面を想定してみます。

突発の帰省で1週間後に福岡へゆくことになったあなたは、ANAで予約をします。特割で東京-福岡間の料金は、24000~26000程度。(2011/12/20現在)
そういえばマイルが貯まっていたところを思い出し、東京-福岡往復の必要マイルを調べてみたところ、ローシーズンの12000マイルでチケットを予約することができました。
この場合は、1マイル=2円相当となります。これくらいなら現実的な数字ですし、1ポイントが2円換算と考えると、クレジットカードの還元率と比べても十分優れていますね。

航空券に充当するなら、1マイル=1.25円以上の価値が保証されている

それじゃあ、ぶっちゃけマイルの最低価値ってどれくらいなん?といいますと、本来のマイルの使い方、つまりマイルを航空券にひきかえて使う、という意味では、1.25円になります。

マイルで航空券を手に入れる方法は2種類あって、ひとつは先ほどから話題の特典航空券に引き替える方法。もうひとつは、eクーポンという金券のようなポイントに変換して、航空券を買うときに充当する方法です。

このeクーポンは、12000マイル=>15000eクーポン
として交換でき、1eクーポン=1円 として、航空券を買うときに使うことができます。

※2012年4月よりeクーポン交換レートの変更があり、12000マイル=>15000eクーポンに

この1マイル=1.25円が、ANAの航空券に交換する場合の最低ラインですね。

また最近はたくさんのポイントサービスと提携していて、ANAの航空券以外にも、edyや楽天ポイントなど、様々なものに交換することができます。
ただこの場合は、たいてい1マイル=1円程度の交換レートに落ち着いてしまうので、期限切れが近づいたマイルがあるときじゃなければ、なるべく使いたくないですねぇ。

===

というわけで、マイルの価値はその使い方によって、1マイル=17円 から 1マイル=1円 まで、大きく変動します。

ただ、やはり現実的な数字としてみると、多くのサイトさんで1マイル=2円~3円程度の価値と見込んで計算しているところが多いようです。

当サイトでは、そのうちの低めの数字をとって、1マイル=2円で計算しています。

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in ANAマイレージ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>