ソラシドエアが国際線参入へ 2014年度めどに

ピーチ、スターフライヤーが今年国際線への新規参入を果たし、2013年にはエアアジアジャパン、ジェットスタージャパンも国際線就航を予定、さらにその後スカイマークも控えてますよという、まさに日系航空会社の国際線開設ラッシュの昨今、さらにソラシドエア(スカイネットアジア航空)が国際線参入を検討していると発表されました!

一度はIATAに支払う更新料すら捻出できずに2レターを変更せざるを得ないほど困窮したスカイネットでしたが、2004年からの事業再生が奏功し、順調に累積損失を消化中とのこと。

そして、ついには国際線参入も視野に入れられるように!

2002年8月より宮崎-東京線に就航し今年が10周年という節目にあって、この発表を聞けるとは。本当に嬉しいですね。

国内線だけでもライバルが多いというのに、国際線ではさらに肩を並べるライバルが増えるわけですが、ぜひ今後も九州の翼としての地位を保ちつつ、ブンブン飛びまわっていただきたいものです!

さーて、九州の翼が世界に飛び立つとなれば、次は道民の翼が来ますかね?
でも、あちらのほうは社名を『北海道国際航空』から『AIRDO』へ変更する(10月1日付)ので、むしろ国際線就航からは遠ざかっているのかな。

スカイネット、14年度にも国際線参入 累損解消めど 中国・台湾便など検討

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in その他航空関連ニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>