空港で借りて海外でWi-Fiし放題の『Mifi』を香港で試してみた

※この記事は、2011年6月2日に書かれたものです。元記事はこちら

海外旅行中に困るのが、日本からとっさの連絡が付けにくくなること。

たとえば携帯電話の通話や、パソコンのネットワーク接続が制限されてしまい、メールやTwitterなどが使えなくなります。

GPSはネット環境にかかわらず使えるものの、データのダウンロードが出来ないのでGoogleMapも使い物にならず、一旦迷おうものならピンチ!紙の地図と顔をつきあわせてうんうんうなることになります。

そんな旅にならないよう、海外にいてもネット接続を保っておくのがおすすめ。

んで、iPhoneの場合、海外で指定のISPに接続すれば一日最大1480円でパケット定額が使えます。コレは便利。ただし、たとえばPCやiPadなどを持って出ても、iPhoneはテザリングができませんのでネット接続できないことになります。

そんなときに便利なのが、海外で使えるモバイルWi-Fiレンタルサービス『Mifi』です。
ほかにもモバイルWi-Fiルータの貸し出しサービスはあるのですが、私が何故コレをプッシュするかというと、

電話でレンタル予約→成田/羽田で受け取り出発
ができるから。(電話で予約したあと、受け取り先を教えてくれます)

お値段は、最低1280円/日~。(実際は、機器紛失破損保証をつけたりするともっと値段上がっちゃうんですけどね。)実際は一日1500~1600円くらいかな。

ちなみに、iPhoneパケ定を使わずにMifiで繋ぐ場合、普通の電話は使えません。が、iPhoneがWi-Fiでつながっていればスカイプが使えるので割と問題ナシ。

旅の途中で迷ったときも地図が出せるし、PCで美味しいご飯や観光地の情報を、その土地にいながら引き出すこともできます。
海外で羽を伸ばしたい、でも日本からの連絡は受け取りたい、というような、忙しくてもガンガン海外に行っちゃうひとにぴったりのサービスでした。

※ちなみに、香港→マカオへいくと、さすがにMifi圏外ですた。ザンネン

Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us 
This entry was posted in その他航空関連ニュース. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>